MENU

飛蚊症対策サプリを選ぶ3つのポイント

ポイント1:ルテインの配合量に注目

 

 

飛蚊症をはじめとする目の健康に有効だと注目されている成分が「ルテイン」。
ルテインには有害な光から目を保護する働きがあり、飛蚊症だけでなく白内障や黄斑変性症の予防にも期待されています。
日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAによれば、眼病を患っていない健康な人であれば1日に6mg。
白内障などの場合には20mg。
飛蚊症対策には1日に12mg以上のルテインの摂取が推奨されているそうです。
しかし、ルテインは抗酸化成分の一種であるため、活性酸素が多いほどルテインの消耗量も多くなってしまいます。
喫煙や紫外線の他、パソコンやスマホによるブルーライトも目の活性酸素を増やす要因とのこと。
日ごろから、パソコン作業の多い人や喫煙習慣のある人は、推奨量よりも多めにルテインを摂取するよう心がけると良さそうです。

 

 

ポイント2:ルテインの種類にも注目

 

 

ルテインと一概に言っても、フリー体とエステル体の2種類のルテインが存在します。
フリー体のルテインは私たちの体内に存在するルテインと同じ形状のルテイン。
そのため、体内で素早く吸収されるのが特徴なのだとか。
一方、エステル体はフリー体ルテインに脂肪酸が結合した未精製の状態のルテイン。
一旦、体内でフリー体ルテインに変換される必要があるため、吸収に時間がかかると言われています。
また、エステル体ルテインは未精製なため、安価で製造できるというメリットがあるようです。
「どうせ買うなら安いサプリの方が続けやすいわね」と値段で判断してしまうと、エステル体ルテインである可能性も……。
近年では、エステル体ルテインの方が優れているという研究結果もあるとのこと。
しかし、現状ではフリー体ルテインの方が優れているという意見が一般的。
今後どのように評価が変わるか分かりませんが、現段階ではフリー体ルテインのサプリを選んでおけば間違いなさそうです。

 

 

ポイント3:ルテイン以外の配合成分にも注目

 

 

ルテインサプリの中には、ルテインの働きをサポートする成分が配合されたサプリも数多くあります。
代表的な成分は、ルテインの吸収力を高めるゼアキサンチン。
ルテインと同様に血液網膜関門を突破して眼球内の活性酸素を除去するアスタキサンチンなどがあります。
さらに、眼精疲労に良いと言われているアントシアニン。
網膜の脂肪成分を構成するDHAなど様々です。
これらプラスアルファの成分は、自分のライフスタイルに応じて選ぶと良いでしょう。
例えば、パソコン作業が多く眼精疲労が気になるのであればアントシアニン。
目の健康だけでなく、日々の健康や美容もサポートしたい場合にはアスタキサンチン。
視力の低下が気になりだしたらDHAといった感じです。
また、いずれの成分も継続して飲み続けることで効果を発揮するもの。
最低でも2カ月、毎日欠かさずに飲み続けることが大切です。

 

実体験から選んだおすすめの飛蚊症対策サプリ

さくらの森 めなりの特徴

フリー体ルテイン12mgに、ルテインの吸収をサポートするゼアキサンチンを2.4mg配合したサプリ。
ルテインとゼアキサンチンが最も効率良く働く5:1の割合で配合されています。
さらに、吸収率の高い特許取得ビルベリー、クロセチン、アスタキサンチンを配合。
他にもアメリカのAREDS(加齢性眼疾患研究)の研究結果に基づいた補酵素・ビタミン・ミネラルが配合されています。
モニターリピート率93.3%と高い支持率で、商品の品質の高さがうかがえます。
特別モニターお届けコースなら初回価格が77%OFFの907円で購入可能。

価格 907円
評価 評価5
内容量 60粒入り(1日2粒)

ダイドーヘルスケア クリアアイの特徴

1日の摂取目安量2粒にルテイン10mg、ゼアキサンチン2mgを配合しています。
1日たった1粒なので、飲み忘れの心配なし。
溶けやすさや吸収性にもこだわった、薬品会社ならではの高い品質のサプリです。
目を酷使しがちで、将来の目の健康が気になるという人におススメです。
お試し価格なら30日分を972円で試すことができます。

価格 972円
評価 評価4.5
内容量 30粒入り(1日1粒)

ステラ漢方 なごみアイの特徴

なごみアイの特徴は配合成分の多さ。
ルテインをはじめ、ゼアキサンチン、クロセチン、ブルーベリー葉エキス、アスタキサンチン、ヒアルロン酸などの成分を配合。
「色んな目のサプリがあってどれを選べばよいのか分からない」という人には特におすすめのサプリメントです。
特別キャンペーンの定期お届けコースなら1,980円(回数や期間の制限なし)で続けやすい価格も魅力です。

価格 1,980円
評価 評価4
内容量 60粒入り(1日2粒)

やわた めばえの特徴

「目の調子を整える機能がある」機能性表示食品です。
1日の摂取目安量1粒中に20mgと、他のサプリと比べても圧倒的に含有量が多いのが特徴です。
ルテイン以外の成分は配合されていないので、他のサプリとの併用がおススメ。
1日1回、1粒の摂取でOKなので、サプリを飲むのが苦手な人や忘れっぽい人でもムリなく継続できます。
初めての方限定キャンペーンで1か月分を1,642円で購入可能です。

価格 1,642円
評価 評価3.5
内容量 30粒入り(1日1粒)

ファンケル えんきんの特徴

「手元のピント調節機能を助ける」と認められた機能性表示食品。
1日の摂取目安量2粒にルテインが10mg、アスタキサンチン4mg、DHAが50mg配合されています。
さらにアントシアニンの中でも最も抗酸化力が高いとされているシアニジン-3-グルコシドを配合。
年齢によるピント機能の衰えが気になる人や、疲れ目によるピント機能の低下が気になる人におススメのサプリです。
えんきんお試し2週間分なら、14日分を2袋、合計4週間分を1,000円で購入することができます。

価格 1,000円
評価 評価3
内容量 56粒入り(1日2粒)

 

飛蚊症に年齢は関係無いって本当?

 

飛蚊症の主な原因の一つとして挙げられるのが紫外線やブルーライト、ストレスなどによって眼球内で発生する活性酸素だと言われています。
眼球内で発生した活性酸素は、眼球の大部分を構成する硝子体の脂質やタンパク質を酸化させてしまうのだとか。
その結果、変性したタンパク質や脂質が、ゼリー状の硝子体内を浮遊することで、視界にゴミのような影がちらつくのだそうです。
とは言え、眼球内で活性酸素が発生したからと言って、必ずしも飛蚊症になるワケではありません。
通常であれば、活性酸素を除去する酵素が分泌されて、飛蚊症を防いでくれるそうです。
しかし、加齢やストレスなどにより酵素の分泌が滞ることで、活性酸素が除去されず飛蚊症が表れやすくなるのだとか。

 

 

 

飛蚊症は一般的には、高齢者に多い老化現象の一つとされています。
ところが、目を酷使することの多い20代、30代や、強度の近視、乱視の人も飛蚊症になりやすいとのこと。
この加齢や強度の近視による飛蚊症「硝子体剥離」は、放置すると症状が進行してしまうそうです。
放置しても問題は無いと言われていますが、目の前をちらつく影が増えていくのは決して気分の良いものではありません。
飛蚊症の進行を最小限にとどめるためにも、日ごろから目を労わることが大切だと言えます。

 

 

 

さらに、注意したいのが飛蚊症と間違えやすい重大な目の病気です。
中でも網膜剥離は初期症状が飛蚊症と似ているものの、放置すると失明の恐れもある非常に危険な病気。
また、糖尿病や高血圧などがきっかけで眼球内に出血が起こると、飛蚊症の症状として表れるとのこと。
「突然、飛蚊症の症状がひどくなった」
「目をぶつけてから飛蚊症が気になりだした」
少しでも見え方に違和感を感じたら、絶対に放置せずすみやかに眼科医の診察を受けるようにしましょう。

 

わずらわしい飛蚊症はどうすれば防げる?

 

飛蚊症の原因は主に紫外線によって眼球内で発生する活性酸素。
ちなみに、活性酸素は紫外線以外にもタバコや排ガス、パソコンやスマホから発せられるブルーライトでも発生するそう。
外出時にはサングラスを着用したり、パソコン操作時にはPC用眼鏡の着用を習慣にするだけでも、目への負担は軽減できるはずです。
しかし、活性酸素を完全に防ぐことは不可能。
そこで、発生した活性酸素を除去する働きを持った「抗酸化成分」を摂取することが大きなカギとなります。
ポリフェノールやビタミン、αリポ酸やコエンザイムQ10など、抗酸化成分といっても様々。

 

 

 

実は人間の目と脳にはそれぞれ「血液網膜関門」「血液脳関門」と呼ばれる関所があり、不要な成分は全て排除されてしまうのだとか。
「血液網膜関門」「血液脳関門」は大変厳しい(?)関所となっており、ビタミンCやビタミンEなどの成分でさえ通過することはできないそう。
つまり「目の健康の為に」とせっせと摂取している成分がちゃんと目に届いているかどうか分からない、ということになります。
この狭き門を通過できる数少ない抗酸化成分が「ルテイン」「ゼアキサンチン」「アスタキサンチン」「水素」などの抗酸化成分。
飛蚊症対策には、有害な光から目を守ると同時に、きちんと目に届く抗酸化成分の摂取が大切だと言えます。
ちなみに、飛蚊症対策では1日当たり12mg以上のルテイン摂取が推奨されています。
ルテインとゼアキサンチンを5:1の割合で摂取することで、ルテインの効果が最も高まるとのこと。

 

 

 

アスタキサンチンは一般的に1日6mgが摂取目標とされています。
しかし、飛蚊症対策として何mgを摂取すれば良いという明確な摂取量目安は無いようです。
ファンケルのHPによれば、アスタキサンチン5mgを4週間摂取したところ、眼精疲労が改善したとのこと。
アスタキサンチンの場合は、1日当たり6mg以上を目標に摂取しておけば、まず間違いなさそうです。
いずれの成分も摂取してスグに変化が期待できるものではなく、継続することで徐々に作用する成分。
サプリなどで毎日継続して服用することが大切です。

 

日常生活で気をつけたい飛蚊症対策

 

飛蚊症のためにルテインサプリを飲んでいても、毎日目を酷使しているようでは本末転倒。
パソコンやスマホのディスプレイを長時間見続けることで、目が活性酸素の影響をダイレクトに受けることになります。
実は、眼精疲労の原因の一つは眼球内で発生した活性酸素なのだとか。
パソコンやスマホを操作する際には、ディスプレイの明るさを調整したり、PC眼鏡を着用するようにすると良いでしょう。
特に歩きスマホは、画面と目の距離が絶えず動き続けるため、目への負担が大きいと言われています。
飛蚊症や視力低下だけでなく、うつむいた姿勢で目を酷使することで眼圧が高くなり緑内障を発症する危険性もあるそうです。
さらに前方不注意による事故によって被害者にも加害者にもなる恐れがあります。

 

 

 

また、パソコンやスマホと同様に目の健康への影響力が大きいと言われているのが紫外線。
紫外線を直接浴びることによって、目の奥に大量の活性酸素が発生すると言われています。
とは言え、活性酸素を危惧するあまり屋外に出ないというのも不健康な生活です。
外出する際には、サングラスを装着して紫外線から目を守るなどの対策を行うようにしましょう。
さらに、喫煙や過度のアルコール、食品添加物など活性酸素の原因を控えることも大切。
サプリを活用しつつ、日ごろの何気ない習慣を見直すことが飛蚊症対策だけでなく目の健康維持につながると言えます。

 

実体験から選んだおすすめの飛蚊症対策サプリ

さくらの森 めなりの特徴

フリー体ルテイン12mgに、ルテインの吸収をサポートするゼアキサンチンを2.4mg配合したサプリ。
ルテインとゼアキサンチンが最も効率良く働く5:1の割合で配合されています。
さらに、吸収率の高い特許取得ビルベリー、クロセチン、アスタキサンチンを配合。
他にもアメリカのAREDS(加齢性眼疾患研究)の研究結果に基づいた補酵素・ビタミン・ミネラルが配合されています。
モニターリピート率93.3%と高い支持率で、商品の品質の高さがうかがえます。
特別モニターお届けコースなら初回価格が77%OFFの907円で購入可能。

価格 907円
評価 評価5
内容量 60粒入り(1日2粒)

ダイドーヘルスケア クリアアイの特徴

1日の摂取目安量2粒にルテイン10mg、ゼアキサンチン2mgを配合しています。
1日たった1粒なので、飲み忘れの心配なし。
溶けやすさや吸収性にもこだわった、薬品会社ならではの高い品質のサプリです。
目を酷使しがちで、将来の目の健康が気になるという人におススメです。
お試し価格なら30日分を972円で試すことができます。

価格 972円
評価 評価4.5
内容量 30粒入り(1日1粒)

ステラ漢方 なごみアイの特徴

なごみアイの特徴は配合成分の多さ。
ルテインをはじめ、ゼアキサンチン、クロセチン、ブルーベリー葉エキス、アスタキサンチン、ヒアルロン酸などの成分を配合。
「色んな目のサプリがあってどれを選べばよいのか分からない」という人には特におすすめのサプリメントです。
特別キャンペーンの定期お届けコースなら1,980円(回数や期間の制限なし)で続けやすい価格も魅力です。

価格 1,980円
評価 評価4
内容量 60粒入り(1日2粒)

やわた めばえの特徴

「目の調子を整える機能がある」機能性表示食品です。
1日の摂取目安量1粒中に20mgと、他のサプリと比べても圧倒的に含有量が多いのが特徴です。
ルテイン以外の成分は配合されていないので、他のサプリとの併用がおススメ。
1日1回、1粒の摂取でOKなので、サプリを飲むのが苦手な人や忘れっぽい人でもムリなく継続できます。
初めての方限定キャンペーンで1か月分を1,642円で購入可能です。

価格 1,642円
評価 評価3.5
内容量 30粒入り(1日1粒)

ファンケル えんきんの特徴

「手元のピント調節機能を助ける」と認められた機能性表示食品。
1日の摂取目安量2粒にルテインが10mg、アスタキサンチン4mg、DHAが50mg配合されています。
さらにアントシアニンの中でも最も抗酸化力が高いとされているシアニジン-3-グルコシドを配合。
年齢によるピント機能の衰えが気になる人や、疲れ目によるピント機能の低下が気になる人におススメのサプリです。
えんきんお試し2週間分なら、14日分を2袋、合計4週間分を1,000円で購入することができます。

価格 1,000円
評価 評価3
内容量 56粒入り(1日2粒)

 

更新履歴
このページの先頭へ